不用品回収費用が季節によって変わる不思議

>

不用品回収の費用が変動する理由

繁忙期が高くなる理由は人手不足

最初に挙げられる理由は「人」の問題です。
繁忙期ということは、すなわち人手不足になるということです。
そのため業者はアルバイトを雇ってその場を乗り切ろうとするため、当然人件費がアップします。
さらに、不用品を修理して再販する場合は、大量の品を抱えているため通常より多くの時間が必要です。
不用品を修理する際は特別な技術が必要な場合もありますから、人手が足りない場合は、運び出しのアルバイトとは別に専門の職人さんを臨時で雇う必要も出てきます。
この場合も当然、人件費がかかります。
専門の職人さんはもともと人数が多くないですし、繁忙期はどの業者からも引っ張りだこですから、他の業者に取られないようにお給料を上乗せしてでも雇用したいと考えるため、さらに人件費がアップします。
このように、繁忙期には人件費が高騰するため、それが回収費用のアップにつながっていると言えます。

他にもガソリン代などの「物」による問題

不用品回収費用が高くなる理由としては「物」による問題も挙げられます。
トラックの走行距離も普段より長くなるため、ガソリン代もかかります。
当然ですが、大きなトラックになればなるほどガソリン代は跳ね上がります。
一時的にレンタルしてトラックの台数を増やさなくてはならない場合は、当然レンタル料金もかかります。
また、回収した不用品を一時的に保管しておくスペースも通常より広げなくてはならないかもしれません。
もともと広い土地を持っている大手の業者は別ですが、小規模な業者は一時的にレンタル倉庫などを借りなくてはならない場合もあるでしょう。
この場合もレンタル料金がかかります。
しかし、倉庫のスペースにも限りがありますから早く在庫を減らさなくてはならないのですが、修理してくれる職人さんが見つからないなどジレンマに陥ってしまう業者もいると思われます。


この記事をシェアする