不用品回収費用が季節によって変わる不思議

季節によって不用品回収の料金が変動する理由

不用品回収業にも繁忙期と閑散期があった!

粗大ごみなどの不用品が出た場合、まず処分先として思い浮かぶのは、自治体による回収でしょう。
粗大ごみ置き場に持っていく、自宅の前に出す、自治体が指定する処分場へ持参するなど処分方法は各自治体によって違いますが、1回に持ち込める品数が限られている自治体がほとんどではないでしょうか。
もし引っ越しなどで大量の不用品が出てしまった場合は、仕方なく何回かに分けて申し込もうとしても、予約がすでに埋まっていて予定通りにいかないケースもあります。
そうこうしているうちに、引っ越しの日が迫ってきて、仕方なく新居に不用品を持ち込む羽目になってしまう場合も。
さらに、自治体が指定した場所に持ち込まなくてはならない場合は、車がないご家庭も困りますよね。
また、家電リサイクル法施工以前の冷蔵庫やエアコンなどの家電の処分は、どこに頼めばいいかわからないことも多いものです。
そのようなときに頼りになるのが、不用品回収業者です。
電話一本であるいはネット予約だけで家まで駆けつけてくれて、運び出しもお任せ。
自治体のような品数制限もありませんし、外に運び出す必要もありません。
中には「トラック1台分積み放題」といった便利なサービスを展開している業者もいます。
予定外のものも相談次第で処分できることもあるので、家の中を一気にリフレッシュ出来るかもしれません。
料金も比較的リーズナブルですし、利用したことがある方も多いのではないでしょうか。
しかし、この料金が季節によって変動していることをご存知の方は少ないかもしれません。